お知らせ

 

 

 

 

 

 

 

亜麻職人の小野田さんのリネン。

数量限定ですが、やっと皆さんのお手元にお届けすることができるようになりました。

詳しくはHPをご覧ください。)

 

 

 

 

 

小野田さんが自ら栽培した亜麻を、手紡ぎで糸にして織った貴重なリネンです。

 

世界中で、こんな風にしてリネンを作っている職人さんが何人いるのかわかりませんが、おそらく日本では小野田さん一人だと思います。

さて、小野田さんが紡げる糸の量は決まっています。

そのため大量にはお届けできませんので、今後も少しずつご紹介していきたいと思います。

 

ぜひ、ご期待ください。

 

スタッフ 鈴木

お知らせ

当別町の新設校『とうべつ学園』の校章に亜麻の花がデザインされました。

 

 

 

4年開校の小中一貫校の『とうべつ学園』の校章が決まりました。

校章のモチーフには、亜麻の花がデザインされています。

 

当別町の中学生が原案を制作したとのこと。

見ると「亜麻の花の薄い青い色が好きなので」ということでした。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.town.tobetsu.hokkaido.jp/book/view.php?id=304

 

約20年前まで日本になかった風景が亜麻畑です。

明治から始まった亜麻の栽培は、1960年代に途絶え40年が経ちました。

私達の試験栽培が始まりました。2001年のことです。

 更にそれから約20年経ちました。

やっと生産地である当別町から、町を象徴する『景色』『花』と認められたような気がします。

 今年、メーカーの『亜麻公社』は創業20周年となります。

『亜麻の花』が校章に採用されたことは、この区切りにお祝いをいただいたとともに、

さらに精進するようにというエールをいただいたような気がしております。

 今後も当別町、北海道に貢献できる事業体になるよう、

更なる努力をしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

スタッフ鈴木

亜麻に関わる作家さん

 

先日、リネン作家の小野田さんを取材いたしました。

 

小野田由美さんは、亜麻の栽培・採繊・紡ぎ・織までを一人でこなす職人さんです。僕の知っている限り、国産亜麻を何メートルも織る方は他にいません。

 

もう何年のお付き合いになるのでしょうか。これまで、小野田さんのことは、何度もご紹介させていただきました。また小野田さんにお願いしてイベントも開催してきましたので、皆さんもご存知かもしれません。

 

 

さて、いつも通り、北海道岩見沢市(元の栗沢町必成地区)にある小野田さんの工房にお邪魔した時に、不思議なお話を聞いたのでご紹介いたします。

 

栗沢は、札幌から車で1時間くらいの空知地方にある、農業が盛んなエリアです。工房がある必成地区には、明治の時に滋賀県から開拓の人が入って来て『必成社』という組織が作られました。小野田さんのおじいさんは、その必成社の主監をされていたそうです。

 

必成社では、その頃の多くの開拓組織がそうであったように、農作物をつくり、産業を興すことをしていました。実はその中に、亜麻の事業もあったというのです。(私たちのメーカーの亜麻公社も、平成に入ってから同じことをしています。)

に亜麻工場これは、小野田さんご自身も後から調べて知ったそうです。現在の栗沢支所のところがあり、必成社もここで亜麻事業を展開していたとのこと。たまたま小野田さんが工房を開いた建物のあたりに、明治の頃に亜麻畑があって、小野田さんのおじいさんの組織が、亜麻事業を行っていたということになります。(ただし後にその事業は、帝国繊維が買うことになります。)


小野田さんがこの工房の建物を購入するずっと前、100年くらい前に、おじいさんが亜麻に関わっていたという、とてもロマンを感じるお話でした。

 

 

 

 

 

スタッフ 鈴木

お知らせ

第15回目の亜麻フォトコンテストの審査結果を年末に発表いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください。https://www.amanosato.jp/content/photo/1295/

最優秀作品はこの作品です。作品名「ミスティブルー」、後閑聡さんの亜麻の花が美しい作品です。

 

 

 

 

 

毎年、優秀な作品が多くて、審査する方も応募者の熱心さに頭が下がる思いなのです。応募作の中には亜麻の花や畑を表現しているのかデリケートな判断を審査員に強いるものがあります。その中には受賞を逃してしまう作品が少なからずあるのです。今回はその中からこの作品を紹介したいと思います。この作品は「夜の亜麻畑」を写したもので、審査員のなかでも評価が分かれた作品です。「星降る里の静寂」宮本明人さんの作品です。

 

 

 

 

 

 

私自身はこの作品を見たときに、あまりの美しさに息をのみました。

多分実際は薄暮なのかもしれませんが、畑の薄暗い緑色の上に広がる藍色の空間、上には無数の星が広がり、流れ星も見えます。この写真は当別町の中の田園地区だから見ることができる景色を見事に切り取っているように思います。大きな意味で「亜麻の里」そのものの作品のようにも思えます。

その他にも受賞作品は力作揃いです。WEBサイトからは過去の受賞作品もご覧になれます。

https://www.amanosato.jp/content/photo/

是非ご覧ください。

亜麻の里 鈴木

 

 

 

                                                       

 

お知らせ

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。旧年中は格別なご高配を賜り、誠に有難うございました。本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

LLP亜麻ルネサンス 

イベント情報お知らせ

みなさま、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

本日(11/17)より23日まで

第15回亜麻フォトコンテスト開催いたします(^^)/
作品点数、過去最多43点!!!!みなさま、是非いらして下さい。

 

コロナの渦中ではございますが、

是非ご覧になっていただけますと幸いです。

 

 
場所 札幌市資料館 ギャラリー1(http://www.s-shiryokan.jp/
期間 11月17日~11月23日
時間 9:00~19:00(終日)
 
ご来館いただく際は、下記ご協力ください。
・来館前の検温実施
・マスク着用(必須)
・一人一人の距離確保
・手指の消毒(入口に設置いたします)
また、2週間以内に感染拡大地域への訪問歴がある場合、発熱や体調不良の方は来館をお控えくださいますようお願い申し上げます。
イベント情報お知らせ商品紹介

みなさま、こんにちはーーー

暑さ寒さも彼岸まで

といいますが、今日はものすごく蒸し暑く

北海道じゃないような・・・(;´∀`)??

こまめに水分補給と休憩をとりつつ行きましょう!

 

さて、今回はイベントのお話です!!

8月1日より当別町内4店舗にて行いますカフェイベント

「亜麻カフェin当別」

弊社の亜麻仁油と亜麻の実をふんだんに使用した料理や商品を

各店舗にて、実際に味わうことができます!

実施店舗は下記です↓↓↓↓↓

 

■Cafe & Kitchen Offshore

(カフェアンドキッチン オフショア)

西海岸の暖かい風を感じられる洒落乙カフェ。

インスタ映え間違いなし!な

当別産の食材をふんだん使用したハンバーガーやパスタ

ドリンクメニューなども充実しているカフェ

ゆったりしたひと時を過ごしたい方におすすめ!

 

 

期間 8/1~8/31まで
メニュー 当別町ミニトマトと亜麻にオイルの冷製パスタセット
(セット内容/ドリンク、サラダ、パスタ)
1,188円(税込)
住所 石狩群当別町弥生51-26
TEL 0133-27-5414
営業時間 11:30~21:00
定休日 水曜日、第1・3木曜日
ホームページ https://offshore.cafe/

 ■つじの蔵

新鮮なお野菜や名物豆乳ソフトクリームなど、

主に当別町産のさまざまな商品を取り扱ってるお店です。

お好みの商品がみつかるかもしれませんよーーー?!

是非お立ち寄りください!

 

 

期間 8/17~(なくなり次第終了)
メニュー 亜麻の実入りクッキー(6枚入り)
230円(税込)
住所 石狩群当別町幸町2-13
TEL 0133-23-2871
営業時間 10:00~17:00
定休日 年中無休
ホームページ http://www.tsujinokura.com/

 

■Restaurant Ari

(レストラン アリ)

スウェーデンヒルズの丘の上にある小さなレストラン。

できるかぎり当別町の食材を使用!

できるかぎり手作りする!という徹底っぷり!!!

味はもちろんどれも美味!!!そしてボリューミーーーー♪

な、家庭的・地中海料理を食べることのできるレストラン

ご予約必須です!!!

期間 8/1~8/31まで(1日5食限定)
メニュー にんじんのショートパスタ
●単品(前菜、パン、パスタ)1,350円(税込)
●セット(前菜、パン、ドリンク、デザート、パスタ、さらにサラダ・スープ・マリネの3品からいずれか1品をチョイス)1,750円(税込)
住所 石狩群当別町スウェーデンヒルズ2-3-2
TEL 0133-26-2425
営業時間 11:30~13:30
定休日 火曜日・第2水曜日
ホームページ http://www.restaurant-ari.jp/
 

■パン屋 きみかげ

当別の畑の中にある小さなパン屋さん。

今回は当別産の「スペルト小麦」を使用した生地に

当別産亜麻の実を練り込み少し酸味のあるドイツ風のパンを

仕込んでくださいましたよ!これが、また(゚д゚)ウマーぃーーー

もちろん他のどのパンも絶品なのですが。。。

限定商品も見逃せない♪販売期間が短いのでお早めに!!!

期間 8/18~8/22(無くなり次第終了)
メニュー 当別産亜麻とスペルト小麦のパン
216円(税込)
住所 石狩群当別町字東裏1756-18
TEL 0133-27-6021
営業時間 10:00~17:30
定休日 毎週月曜日、日曜日
ホームページ https://www.facebook.com/pankimikage/

 

どのお店も本当に個性豊かで、とってもおいしいものがたくさんです!!

8月、まだまだ暑いですが、夏を満喫しに当別町に来てみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは、また

 

亜麻の里・・・スタッフ吉田

 

 

お知らせ

亜麻まつり開催中止のお知らせです。

毎年7月に開催しております「亜麻まつりin当別」は

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止とさせていただきます。

 

また、畑の見学につきましては、

これより記載いたしますルールを守っていただきますようお願いいたします。

1、亜麻畑の中には入らないでください。

2、農家の方が作業しておりますので、

農家さんへ近づく、話しかけるなどの行為はしないでください。

3、マスク着用をお願いいたします。

4、見学者同士の距離をしっかりととってください。

5、ドローンでの撮影は基本禁止です。

お問合せは亜麻の里(info@amanosato.jp)までご連絡ください。

 

今年はいろんなところでイベントが中止されておりますが、

私たちも、来てくださるお客様、イベントに大きく関わる皆様、

肝心かなめの農家さんたち・・・

みなさまの安全確保等を最優先にさせていただき、

おまつり中止という、なんとも苦渋の決断となりました・・・。

 

来年には満開の亜麻の花とともに

亜麻まつりを皆様にお楽しみいただけるよう、

今からたっぷり準備していきたいと思います!

 

皆様良い週末を

それではまた・・・スタッフ吉田

お知らせ

 

みなさま、こんにちは

札幌は昨晩、春の雷雨でした

真夜中、突然雷のすごい音がして(地響きのような?)

飛び起きてしまうほどでしたが、今朝にはすっきりと晴れ

今はとても気持ち良い空気です。

しかし・・・きれいな空気も、マスク越しなのがつらいですが・・・

 

 

さて、本日は亜麻の成長してきましたので、そのご報告です。

 

畑の様子です。5月末、畑一面に亜麻の新芽

大体、1センチほどでしょうか?とっても元気に育ってくれています。

農家さんも、

「今年は早いかと思っていたけど、

リラ冷えのおかげで、帳尻合わせになったな(笑)」とおっしゃいっていました。

 

自然は、天気、気温や日差し、風などで、

自らの環境を調節しているのかもしれないですね。

 

ちなみに、「リラ冷え」というのは北海道での表現で、

本州だと「花冷え」が一般的なのでしょうか?

どちらも「寒の戻り」という意味は一緒です。

リラ冷えで体調を崩さないよう、気を付けましょう

 

 

それでは、また

亜麻の里・・・スタッフ吉田

 

お知らせ

みなさま

こんにちは

花盛りの春だというのに、流行病で外に出ることが難しいですね・・・

早く収束することを心より願います。

 

さて、そんな中、

農家さんは外に出ないとできないお仕事です。

天気と、気温、畑の様子などを確認しながら、

自然とお話しながら、種をまくタイミングなどを長年の勘で計っています。

もちろん機械に頼る場合もありますが、

やはり経験とインスピレーションには勝てません。

本当に頭が下がります。

 

今年の種まきは少し遅め。5月に入ってからの事。

種まきの様子です。

 

今年の亜麻は去年より広い面積で。

農家さんも気合十分!

 

今年の花畑はどんな様子になるのでしょう?

今からとても楽しみです!

 

 

種の成長まであっという間です。

これからはハイシーズン!!

どんどん畑の様子をお伝えしていきたいと思います。

 

 

それでは、また

亜麻の里より・・・スタッフ吉田